本文へスキップ

特許の情報サービスをグローバルに展開する

TEL. 045-949-2081

          お問い合わせはこちら

特許調査・マップ作成Patent Reserch & Patent Map

会社方針

特許調査は、遺跡発掘調査と似ている部分があります。
遺跡発掘において、ブルドーザーやシャベルカーを使用することはありません。
遺跡が壊れてしまうからです。大雑把に作業を行うことはせず、当たりをつけた部分について遺跡が壊れないように、丁寧に人間がスコップや最後は刷毛などを使用し、遺跡を取り出していきます。
弊社の特許調査も同様です。分類を大きく絞り込んでしまい、件数を激減させてしまっては、その時点で必要な公報を見落としてしまう危険性があります。(遺跡が壊れてしまうのと同様です)
テキストマイニングや概念検索を使用しても、いい調査結果が出てくることは実は大変少ないのです。
弊社は「特許調査はやはり技術に長けている人間が1件1件公報をじっくり読み込むことで当該技術がどのようなものであるかを認識でき、その結果お客様に質の高い調査報告ができる」と信じております。


○○○○○○○○イメージ

「特許調査:Patent Search&Analysis」

特許調査の趣旨を直接お伺いし、ご要望をしっかりと把握したうえで、技術分野・期間・範囲などをご提案いたします。
お客様とのコミュニケーションをベースに課題を的確に捉えて、精度・品質の高いTJSクォリティをお届けします。
また、特許調査の範囲は国内のみならず、US・EP・KRなど幅広い国の調査を承っております。韓国については、韓国特許庁先行技術調査機関に認定されている特許調査会社と提携しているため、質の高い調査をご提供することが可能です。

○○○○○○○○イメージ

「パテントマップ:Patent Map」

解析ソフトを利用することで、特許マップが手軽に作成できるようになった昨今。しかしながら、その情報は本当にお客様にとって「活きた」情報となっていますでしょうか?
TJSがご提案するパテントマップは自動的に解析を行うのではなく、調査員が公報を読み込み判断をし分類付与を行っていきます。
また特許調査同様、直接お伺いし、綿密な打ち合わせを経て、経過情報や・分析情報を加えるなど、弊社ならではのノウハウを活かしたパテントマップをお届けしております。


 Service Flow

@ 調査打診
A 担当者が貴社を訪問(内容に関し、主旨説明を直接お伺いします)
B 事前確認調査(内容・件数・見積り)
C 調査計画書提出(納期・納品形態)及び、正式見積書提出
D 正式依頼
E (内容によっては)初期時点にて、調査内容のすり合わせ
F 調査報告書納品(まとめ、コメント入り)
  *様式は、データ・紙いずれでも承っております。

バナースペース

株式会社ティージェイエス

〒224-0032
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央36-5

  TEL: 045-949-2081
FAX: 045-949-2090

E-mail:info@urirs-tjs.co.jp